ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

ドルコスト平均法を使ったビットコイン・仮想通貨投資法について解説

ローリスクでビットコイン・仮想通貨に投資するには

2018年に入り、世界各国で仮想通貨の法的規制や一部ファウンダーの大量売却、coincheckのNEM流出事件などの要因が重なり、仮想通貨全体の相場が暴落し、積極的な短期売買をするのが難しくなってきました。
特にレバレッジをかけて売買するビットコインFXは、乱高下の激しい相場ではリスクの高い投資方法になるため、現状あまりオススメすることはできません。

そこで無理のない範囲で投資し、少しずつ利益を増やしていく着実な方法として「積立投資」があります。
積立投資は、「自己資金が大きな金額が必要ではないか?」や「売買のタイミングが難しいのではないか?」といった心理的なプレッシャーを和らげる面があるため、初心者の方にとってもオススメできる投資方法です。

仮想通貨のような乱高下の激しい相場で、買い時や売り時を判断するのはなかなか難しいです。それを機械的に、毎月決まった額で同じ銘柄を買い付けていき、価格変動リスクを抑える投資方法として注目されています。

積立投資の基本的な考え方として『ドルコスト平均法』と呼ばれる手法があります。
例えば、「毎月10日に1万円分のビットコインを購入する」といった取引ルールを決めてしまうものです。
ビットコイン・仮想通貨の様に長期的に値上がりが期待できる相場の場合は、「安いときに多くの口数が買える」ため、投資成果として効率的であると言われています。

本稿では、このドルコスト平均法の効果やメリット、デメリット、始め方について解説しますので、ビットコイン・仮想通貨投資初心者・中級者向けの内容になります。

以下、対象読者になります
・ドルコスト平均法についてよくわからない方
・ビットコイン、仮想通貨を使った積立投資を始めたい方
・ローリスク、ローリータンで投資を始めたい方

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法ですが、「値動きのある金融商品を購入する時に、毎月一定の金額ずつ購入することにより、毎月一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法」と一般的に言われています。
つまり、相場が高い、安いに関係なく、決まった日に一定の金額を購入することでリスクを抑えた投資ができるということになります。
ドルコスト平均法の最終的な勝敗は、『投資の最終成績 = 売却時価格 × 量(口数)』で算出できます。
単純に口数か金額を一定ずつ買うことでどのような違いがあるかを下の図で解説します。

図から見てわかるように、ドルコスト平均法は購入単価を平準化する効果があるため、結果的に安く購入できることも可能です。

ドルコスト平均のメリット、デメリット

基本的に成長相場であればドルコスト平均法を採用しないデメリットは特にありませんが、一部機会損失になることもありますので、触れておきます。

ドルコスト平均法のメリット

初心者でも分かりやすい、始めやすい
ドルコスト平均法は、市場や経済状況に関わらず、毎月一定のルールに従って買い付けをしてくれます。
そのため、これから相場がどうなっていくのか、この仮想通貨の価格は将来上がるのか下がるのか、といったことを逐一考えずに、機械的に運用することが可能です。
毎月のお金のやりくりや資産管理が見えやすい
ドルコスト平均法は、「毎月10日に、 XEMを3万円ずつ買い付ける」というルールに基づいているため、毎月資産運用に使う投資額を予測しやすく、やりくりしやすいというメリットがあります。
心理的なプレッシャーなく投資ができる
ドルコスト平均法は、勝手に買い付けてくれるため、相場に左右されずに仮想通貨を購入することができます。短期的な値下がりに一喜一憂する必要がないため、心理的な不安要素がなくて済みます。

ドルコスト平均法のデメリット

買い付け手数料がかかる
ドルコスト平均法は、毎月仮想通貨を取引所から買い付けるため、買い付け手数料を取引所に支払う必要があります。
※手数料については、後ほど紹介します。
投資タイミングを逃す
必ず決まった日時に決済がされるため、仮に相場が低く買い時のタイミングがあっても、見逃すことがあります。そのため、相場の値動きに迅速に対応できないので、絶好のタイミングで利益を逃したり、逆に不利な価格で仮想通貨を購入して損をしてしまうケースもあります。

ドルコスト平均法でビットコイン・仮想通貨を買う方法

それでは、ドルコスト平均法の基本的な考え方にふれたところで、実際にビットコイン・仮想通貨の『ドルコスト平均法』を使った投資方法を解説します。
結論から述べると、ドルコスト平均法を使った投資サービスを提供していているのは、国内では仮想通貨取引所の「Zaif」と「bitFlyer」のみです。
※ZaifとbitFlyerについてよく知らない方は、こちらの関連記事からサービス概要と登録方法を理解してください。

ビットコイン積立ができるZaif(ザイフ)の特徴と登録方法
bitFlyer(ビットフライヤー)に登録してビットコインを手に入れてみよう!
本稿後半では、主にZaifのコイン積立サービスの概要や始め方を解説しています  。
注意
bitFlyerでも積立ができるサービスがありますが、クレジット決済での積立になります。クレジット決済の場合、手数料が高いためあまりオススメすることができません。

Zaifコイン積立とは?

Zaifコイン積立は、毎月27日に取り決めた一定金額が指定口座から引き落とされ、翌月10日から翌々月9日まで毎日指定の仮想通貨を自動的に買い付け、積み立ててくれるサービスになります。
積み立てた仮想通貨は、買い付けの翌日にZaifアカウントに加算されますので、その後は保有や引き出し、売却などが自由にできます。

Zaifの登録はこちら

スケジュール
・毎月8-10日頃:翌月分の積立申し込みと、積立金額の設定変更申し込み締め切り
・毎月27日:翌月分を銀行引き落とし
・翌月10日~翌月分9日:日毎に自動的に買い付け

Zaifコイン積立できる通貨の種類

仮想通貨の種類
・ビットコイン(bitcoin)
・イーサリアム(Ethereum)
・ネム (NEM/XEM)
・モナコイン(MONA)
上記4つの仮想通貨でコイン積立を行うことが可能です。

Zaifコイン積立にかかる手数料

積立金額(円) 買い付け手数料
1,000~2,000 一律100円
3,000~9,000 3.5%
10,000~29,000 2.5%
30,000~49,000 2.0%
50,000~ 1.5%
積立金額について
毎月最低1,000円以上、1,000円単位で、最大100万円の設定が可能です。

Zaifコイン積立の始め方

1.Zaifへログイン

まずは、Zaifのアカウントページを表示する必要がありますので、ログインをして下さい。

Zaifへログイン

2.Zaifコイン積立をクリック

【トップページ>アカウント】からZaifコイン積立のタブがありますので、そちらをクリックして下さい。

3.口座振替手続きを開始

口座情報を登録する必要がありますので、各所手続きに従って登録作業を進めて下さい。

4.積立する仮想通貨の種類と金額を指定

積立を希望する仮想通貨と購入金額を設定して下さい。

5.設定を保存

保存をクリックし、後から購入金額を変えることも可能です。口座登録が終われば、数分で登録作業が完了になります。

まとめ

ドルコスト平均法でビットコイン・仮想通貨投資に関する基礎的な内容を解説しました。ドルコスト平均法が有効的に使えるのは、成長している相場のため、ビットコイン・仮想通貨市場と相性が良いと言われています。
これから少額投資でビットコイン・仮想通貨へ投資を始めようと思っている方は、ドルコスト平均法を採用した方法をオススメします。

以下本稿のまとめになります。
・ドルコスト平均法は、決まった日に一定の金額を購入することでリスクを抑えた投資ができる
・機械的に運用するため、機会損失になったり、買い付け手数料が発生するデメリットがある。
・投資初心者でも簡単に投資を始めることができる投資手法
・仮想通貨市場では、国内取引所の「Zaif」がオススメ