Bitcoin Master bitcoin・仮想通貨の基礎や
取引方法に詳しくなれるメディア

ビットコイン投資・外貨建てのメリットと売買方法【上級編】

投資・取引 2017.09.03

海外のビットコインの価格について

国内の取引所だけではなく、ビットコインは世界中で売買されています。売買ができるということは、海外にも取引所が存在しその国の通貨単位でビットコインの価格が値動きしています。
ビットコインと為替変動は非常に関わっており、例えば円安・ドル高になるとビットコインの価格が上昇し、円高・ドル安になると減少する傾向があります。

これはビットコインが需要(ビットコインを買いたい人)と供給(ビットコインを売りたい人)で市場価値が変わってくるためです。
ビットコインの価格は為替ルートで決まるのではなく、世界中の国々の需要と供給で市場価値が決まることをおさえておきましょう。

では、タイトルにもあるように外貨建てでビットコインを買うとどのようなことが出来る様になるのか説明します。
為替と同じようにビットコインも時間の経過と共に価値が上がったり、下がったりますが、各国の取引所間を比較するとビットコインに価格差が生じています。
これは各国の通貨ごとにビットコインの価格が決まるため、ビットコインにも価格差が生じるからです。
この価格差を生かせばアービトラージ取引することが可能になります。

こちらの記事では外貨建てのメリットや売買の方法について説明させて頂きます。ビットコイン取引に慣れてきた方はこちらの記事を参考に外貨建てでビットコインの売買にチャレンジしてみて下さい。

以下、対象読者になります。
・ビットコインで外貨建てする方法を知りたい方
・ビットコインの外貨建てについてよく知らない方
・基本的なビットコインの取引方法を知った方
・外貨建てを利用してビットコインの売買をされたい方

ビットコインで外貨建てする方法だけでなく、基本的なビットコインの投資方法について知りたい方は、
1.ビットコイン投資・長期保有、短期売買から始める【初級編】
2.ビットコイン投資・アービトラージ取引の仕方【中級編】
もご覧ください。

外貨建てでビットコインを買うメリット

ビットコインの外貨立ては、国内の取引所でも取引することが可能です。
例えば、ドル(USD)建ては、ビットコインをドルに換算し、ドルで表示します。ドル以外にもユーロ、人民元など幅広い通貨でビットコイン運用できるようになっています。
ビットコインを外貨建てで売買することで、為替相場を活かした資産運用もできるようになることは冒頭でも説明させて頂きました。

結論、ドル建てでビットコインを運用される場合は、円安時がオススメです。
その理由については下の図をご覧ください。

こちらは、海外取引所で1BTC=3,000ドル(USD)だったときに、円(JPY)換算したビットコインの価値をパターン分けしたイメージになります。
例えば、1ドル100円のときに3,000ドルを預けたとします。
その後、1ドル120円の円安になれば円換算したときにビットコインの価値は上昇します。

図のパターンの場合、1ドル=100円から120円になれば事実上60,000円を得たことになります。
逆に1ドル=100円から80円の円高になれば、60,0000円減少したことになります。
円安時にドルで資産を預けておくだけで、円建てで預けるよりもお得であることは覚えておきましょう。
ただし、為替の変動がかなり影響してきますので、短期的な取引で利益を得たい方はオススメします。
長期的な視点で値上がりを待つ場合は、円建てでビットコインを購入しおく方が良いでしょう。
では、実際に外貨建てに対応している取引所についてご紹介します。

外貨建てに対応している取引所

国内のビットコイン取引所で外貨建てに対応しているのは、「bitbankTrade」と「BITPoint」が有名です。

bitbankの場合は円建てはなく全てドル建てになっており、為替の変動によりビットコイン残高が変わってきます。

bitbankの場合は円建てはなく全てドル建てになっています。
ビットコイン(BTC)で表記されます。お客様が日本円で当サービスに入金された場合、その日本円はUSドルに変換され、口座に残高表記されます。口座残高は、USD/JPYレートの変動によって、当サービスで何も取引を行わなくても変動する可能性があります。(円安ドル高の場合は円表記が増加、円高ドル安の場合は円表記が減少)

引用元:bitbank Trade公式サイト

BITPointの場合は、基本円建てがですが、ドルやユーロにも対応しています。
また、BITPoint FXではこれらの通貨に加えて、オーストラリアドルやニュージーランドドル、ポンド、人民元などに対応しています。

例えば、日本円でビットコインを購入してから、ビットコインをドルで売却することもできます。
現在(2017年9月時点)はドルより日本円のビットコイン価格の方が高いですが、ドルの方が高い場合はこれだけで利益を得ることが可能です。
また、日本円のビットコイン価格が高い時に、外貨でビットコインを購入し日本円で売却すればまた利益を得られます。

外貨建てビットコインのまとめ

ビットコインを日本円でなく外貨建てで取引することで、為替変動を活かした分散投資が可能になることがお分かり頂けたかと思います。
通貨毎の価格差を利用したアービトラージ取引や分散投資が出来ることで、ご自身のビットコインの保有数を増やすことが大いに可能です。
海外の取引所のアカウント開設は国内の取引所で外貨建て取引をし、慣れてから開設することをオススメします。

以下、ビットコインの外貨建てについてのまとめになります。
・外貨建てをするには、国内の取引所と外貨建てに対応している取引所のアカウントをそれぞれ持つ必要がある
・円安時にドルで資産を預けておくだけで、円建てで預けるよりもお得
・国内で外貨建てに対応している取引所は「bitbankTrade」と「BITPoint
・外貨建てでの取引は、為替変動に左右される

ビットコインの外貨建てに関してまとめさせて頂きましたが、ビットコインの短期売買や長期保有、アービトラージの方法について知りたい方は、こちらのリンクからご覧下さい。
1.ビットコイン投資・長期保有、短期売買から始める【初級編】
2.ビットコイン投資・アービトラージ取引の仕方【中級編】

オススメするビットコイン取引所のご案内

関連記事