ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

ビットコインの先物取引の仕組みと取引所一覧

先物取引とは

ビットコインのように値動きが激しい市場では、値上がり値下がりが頻繁に起こっています。
値上がりのタイミングを見計らってビットコインを売ってリターンを得るという一般的な投資手法(現物取引)に対し、値下がりのタイミングで利益を得る投資手法のことを「先物取引」といいます。
具体的には、現物取引とは違い「買い」から入るのではなく、ビットコインを借りて、それを売り、あとからビットコインを買い返します。

例えば、1BTC=30万円のときにビットコインを借りて売ります。その後、27万円に下がった時にビットコインを買って、貸してくれた人に返せば、3万円利益が得られるという仕組みになります。

ここで注意しなければいけないことは、値下がりを見計らってビットコインを借りて売る際に、ビットコインが値上がりしてしまうと、逆に損失が生じてしまいます。
例えば、先ほどと同様に1BTC=30万円のときにビットコインを借りて売ったとします。その後33万円に値上がりをしてしまうと、33万円でビットコインを買って返さなければいけませんので、3万円の損失が生じることになります。
そのときに必要になるのが、仮想通貨・ビットコインの証拠金取引の仕組み【1.基礎編】】 でも説明したように「証拠金」が必要になってきます。
予測に反し、値下がりをすると思っていたが値上がりをした際に借りたビットコインを返さない可能性も出てくるので、証拠金を担保に取引ができる状態にします。

先物取引の仕組み

先物取引の仕組みとしていくつか特徴となるポイントをおさえて説明させて頂きます。

●取引できる決済期限

先物取引では、証拠金を担保に値下がり時に借りて売り利益を出す投資手法であることはお分かり頂けたかと思います。
先物では将来の特定の日(今週/来週/四半期)に指定の価格で買い(売り)という約束をして取引しますが、その特定の日のことを限月(げんげつ)と言います。この限月がくると取引は終了になります。
信用取引とは違い、貸借関係がが存在しないため返済期限があるということになります。

●利益確定のタイミング

ビットコインで先物取引をするときで最も注意すべき点としては、大口の利益確定とロスカットによる急落になります。
ビットコインのように今後も長期的に伸びるであろうと信じる方は多いはずです。つまり、チャート上で上昇局面に入った時、多くの参加者がロング(買い建て)のポジションをしてきます。
ただし、参加者全員がロングをしても、いずれ利益確定をしなければなりません。
大口が利益確定を仕掛けるとをすると、それに巻き込まれて、多くの人が、ロスカットで総崩れする事態になりかねません。

●証拠金とレバレッジ

証拠金取引同様、証拠金を担保にレバレッジを効かせてビットコインの売買を取引することが出来ます。

先物取引を扱っている取引所一覧

国内で先物取引を扱っている取引所の各手数料とレバレッジをまとめました。先物取引を始められる方は参考にしてみて下さい。

国内取引所 取引手数料 レバレッジ
bitFlyer 0.04%(借入手数料/日) 15倍
coincheck 0.04%(日本円借入手数料/日)
0.05%(BTC借入手数料/日)
5倍
Zaif 0.039%(借入手数料/日)
0.7%(決済時の利益)
7.7倍
※先物・AirFXは25倍
Quoine 0.05%(借入手数料/日)
-0.025%(先物指値取引)
0.075%(先物成行取引)
0.05%(先物決済手数料)
25倍

先物取引のまとめ

各取引所の先物取引のルールやおさえておくべきポイントをまとめてみました。
レバレッジを効かせて取引するといういうことは同時にリスクも伴います。
これから先物取引を始めようとされている方は設けられているルールを理解し、自分に合う取引所を選択するところから始めて下さい。

以下、先物取引のまとめになります。
・限月が設けられ、指定された期日までに利益確定をしなければならない
・証拠金を担保にレバレッジを効かせて、大きなリターンを得ることができる
・国内取引所では、Zaif、Quoineが最大レバレッジ25倍で取引することができる

先物取引だけでなく、「 証拠金取引」についても理解を深めたい方は下記記事もご覧下さい。
仮想通貨・ビットコインの証拠金取引の仕組み【1.基礎編】
仮想通貨・ビットコインの証拠金取引の仕組み【2.取引所比較編】