ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

仮想通貨・ビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方【入門編】

仮想通貨・ビットコインアービトラージ(裁定取引)とは

ビットコインの価格変動を日頃からチェックされていて、売買に慣れている方はお気づきだと思いますが、各取引所によってビットコインの価格(BTC)が違う事が分かります。

これはビットコインが需要と供給によって価格が決まり、買いたい人と売りたい人の数やバランスが取引所によって異なるからです。
この取引量の違いは、売買する人がどれだけいるかによって異なりますので、取引所によって価格差が生じます。
つまり、買いたい人が売りたい人に比べて、相対的に多ければ価格は高くなり、逆に売りたい人が相対的に多ければ価格は安くなります。

また、ビットコインの売買価格にはスプレッド(売買コストや取引所の利益など)が含まれていますが、このスプレッドの大きさも取引所によって異なりますので、取引所によって価格差が発生する要因の一つになります。
例えば、取引所Aのビットコインの価格がいつも安いのでそこでビットコインを買い、取引所Bでビットコインを売る、といったことは難しいです。

通常、買値(ASK)レートは売値(BID)レートよりも高く設定されていますが、いくつかの条件が揃うタイミングで下記の図のように「取引所Aでの買値が取引所Bでの売値を下回る」場合があります。

このように、同じ商品の価格差を利用して利益を得る取引のことを「アービトラージ取引(裁定取引)」と言い、安くビットコインを買える取引所Aから、高く売れる取引所Bにビットコインを送金し、その取引所Bでビットコインを売る、といった一連の取引のことを指します。

この一連の取引が成立するのは、仮想通貨ならではの特徴があげられます。
1.送金手数料が圧倒的に安い(数百円ほど)
2.24時間いつでも送金ができ、送金から入金までの処理時間が短い(10分~30分ほど)

この2つの特徴を利用して、アービトラージを利用してビットコインへ投資をする方も多いです。

例えば、各取引所のビットコインの売買価格が下図の様だとします。

取引所A,B,Cがあり、比較して見ると価格差が生じていることが分かります。
アービトラージは「安く買い、高く売る」ことが鉄則になりますので、買値が最も安い取引所と売値が最も高い取引所に注目してみましょう。
上図の場合、買値は「取引所A」が最も安く、売値は「取引所C」が最も高いです。

買うところと売るところが分かれば、買った取引所から売る取引所に送金をして下さい。送金後にそのまま売れば、価格差で利益を得ることが出来ます。
ただし、アービトラージ取引をする際は、価格変動のリスクがあることは十分に注意して下さい。
具体的には、取引所から取引所へ送金する際に、10~30分ほど時間がかかります。その間に送信先の取引所の価格が変動し、「買値>売値」となり日本円に換金した際に、差損が生じてしまうケースもあります。

仮想通貨・ビットコインアービトラージのメリット・デメリット

アービトラージのメリット、デメリットについて説明します。

●アービトラージのメリット

・勝率が高く、リスクが低い
・トレード経験がなくても誰でもできる
・相場変動でマイナスになるような損はない

●アービトラージのデメリット

・リスクが低い分、儲けが小さい
・価格変動によるリスク
・取引所を常に監視する必要がある

仮想通貨・ビットコインアービトラージを始めるために必要なこと

実際に取引所間の価格差を利用したアービトラージを始める上で必要なことをまとめてみました。

●各取引所のアカウント開設(最低2~3社)
※取引所の開設方法が分からなければ、下記リンクから各取引所の登録手順を参考にしてみて下さい。
「coincheck」の開設方法はこちら
「bitFlyer」の開設方法はこちら
「Zaif」の開設方法はこちら
「bitbank trade」の開設方法はこちら

●各取引所に日本円もしくは仮想通貨を入金
各取引所に仮想通貨を送金できる状態しておきましょう。アービトラージ取引は早く処理されることが重要ですので、取引所のアカウントを開設するだけでは取引を実施することが出来ません。

●各取引所のスマホアプリ
操作性を考慮すると、アプリの方が使いやすいので、アカウントを開設した際にはアプリもダウンロードしておきましょう。

●各取引所のビットコインアドレス
アカウントが開設できれば必然的に所有することができます。

以上がそろえば、アービトラージ取引をする上で必要なものがそろいます。
続いて、取引所の画面を参考に、アービトラージを実践してみましょう。

仮想通貨・ビットコインアービトラージの実施手順

まず、アービトラージを始める前に、こちらのサイトを参考に各取引所の価格差を一覧で見てみましょう。

1.ビットコインの入金

取引所にビットコインが入金されていない方は、ビットコインを入金しましょう。
まずは、「bitFlyer」でビットコインを購入します。既に購入されている方は必要ありません。
bitFlyerから送金する際は、「0.0005 BTC」発生しますので、売買差は送金手数料金以上にならないと利益になりませんのでご注意下さい。

引用元|bitFlyer公式アカウントより

2.ビットコインの送金

次にbitFlyerから「coincheck」への送金を行います。出金アドレスにはcoincheckのアドレスをコピーアンドペーストして貼り付けてください。アプリからだと1タップでコピーし、すぐに送金できますので便利です。

3.ビットコインの受取確認

出金を行うと出金履歴に「出金準備中」と表示がされます。出金が完了するとビットコインアドレスが表示されます。
次に、coincheckのコインの受け取り履歴を確認します。先ほど送金したBTCが表示されているかを確認してみます。

状況によってはすぐに入金が完了しない場合もあります。10分以内には受取確認ができますが、場合によっては30分近くかかってしまう場合もあります。

4.ビットコインの売却

最後に、送金したビットコインを売却するだけです。購入時と売却時の差額が利益になります。
取引所間での価格差になりますが、状況によっては数千円~数万円開くこともあります。

引用元|coincheck公式アカウントより

仮想通貨・ビットコインアービトラージ取引のまとめ

アービトラージ取引について説明しましたが、以下ポイントだけ押さえておけば理論上は必ず勝てる取引ですので、一つの投資方法として抑えておいてください。ローリスク・ローリターンで小さく利益を積み上げていきたい方にはオススメの投資方法になります。
・より安い取引所でビットコインを買い、そこより高い取引所で売れば、価格差で利益が生じる。
・価格差が送金手数料より上回らないようにする
・送金時の時間差で売値が変わる可能性があるので、即時入金ができるcoincheckがオススメ
※ただし、即時入金を利用すると「0.02BTC」発生してしまうので、送金手数料と合わせて考慮が必要

リアルタイムで複数の取引所を監視する必要があるので、片手間でやるのは難しいですが、送金時に価格変動があり失敗したとしても、売却しなければ損はありませんので、誰でもできる取引方法になります。

合わせて読みたい記事

ビットコイン投資・長期保有、短期売買について

ビットコイン投資を始める上で、基本的な考え方や始め方について説明してありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。長期保有、短期売買、指値注文、成行注文について図を用いて分かりやすく説明しています!

関連記事のIDを正しく入力してください