ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

ビットコイン投資・長期保有、短期売買から始める【初級編】

ビットコイン投資|売買のしやすさ

ビットコイン投資において最も分かりやすくシンプルにできるのが、「ビットコインの売買」になります。
ビットコインの売買には手数料がかからないので、少しの値上がりでも利益が出るのが大きなポイントになります。


株式投資の様に売るタイミング、買うタイミングで手数料がかかってしまいますので、少額の値上がりをしても手数料分が引かれてしまい、利益が出しにくいです。



株式投資と比較すると、ビットコインのおいては売買手数料がかからないので、利益の面やコストを抑える面でメリットがあります。

ビットコイン投資|長期保有の仕方

長期保有のメリット

ビットコインの上昇トレンドを活かし、長期的に保有しておくことで購入時より値上がりが期待できる

長期保有のデメリット

長期保有の習慣に慣れると、チャートを見る意識が薄くなり、売買のチャンスを見逃す

長期保有のオススメテクニック

長期保有をする上で、オススメの方法は「ビットコイン積立」です。
国内の取引所で唯一ビットコイン取引所は、「Zaif」のみです。
Zaifのアカウントを開設すると、ビットコインの積立だけでなく、ネムやモナコインといった主要なアルトコインの売買や、ログインするだけでビットコインがもらえる魅力的な取引所になります。
Zaifの詳細や登録方法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考にして下さい。

関連記事のIDを正しく入力してください

ビットコイン投資|短期売買の仕方

短期売買のメリット

1.値動きが大きく、レバレッジをかけられる

2.国内では証拠金取引や先物取引を採用する国内取引所が多いので、気軽に始められる

短期売買のデメリット

1.長期保有と違い、1日に何回もチャートを見る必要がある

2.メリットでもあるレバレッジですが、ビットコインが値下がり、暴落すれば損をしてしまう

3.追証・ロスカットがある

短期売買のオススメテクニック

短期売買する上で、オススメの方法があり、「指値注文」と「成行注文」になります。

指値注文:ビットコインの売買する価格を指定する注文方法。
例えば1BTC30万円のときに、1BTC29万円で買い注文をしたとします。この場合1BTCの価格が29万円にならない限り注文は成立しません。売り注文の場合も同様で、1BTC31万円で売り注文をすれば31万に達しない限り注文は成立しません。価格を指定し自動的に売買がされる方法となります。

成行注文:ビットコインの売買する価格を指定しない注文方法。
買い注文をすると最も価格の低い売り注文に対して注文が成立します。売り注文の場合も同様で、最も価格が高い買い注文に対して注文が成立します。
例えば1BTC30万円で最も価格が高い買い注文が31万円、最も価格が低い売り注文が29万円だとすると、売り注文をすれば31万円で売れ、買い注文をすれば29万円で買えることになります。

ビットコイン投資|指値注文で売買

指値注文のメリット

希望した価格で売買ができる

指値注文のデメリット

自分より先に同じ価格で指値注文をしていた人がいれば、そちらが優先されてしまう

ビットコイン投資|成行注文で売買

成行注文のメリット

1.注文後すぐに約定すること

2.デイトレードをしている人向け

成行注文のデメリット

1.約定した価格が予想より大きくズレる可能性があること

2.想定外の高い価格で買い注文が成立してしまったり、低い価格で売り注文が成立してしまうことがある。

ビットコイン投資のまとめ【初級編】

ビットコイン投資の初級編では、長期保有、短期売買、指値注文(価格優先)、成行注文(約定優先)について説明させて頂きました。
いずれもビットコインで投資を始めるうえで基本的な考え方、方法になりますので、必ず抑えておきましょう。
ビットコイン投資については、必ずこの方法が良いと言われる方法論はありませんが、余剰資金で分散投資をすることが良しとされています。
これからビットコイン投資を始める方は、余剰資金の半分は長期保有、半分は短期売買というような方法で初めてみてはいかがでしょうか?