ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

ビットコイン・仮想通貨用語集

ビットコインに関する基本用語

アドレス
暗号通貨におけるアドレスとは、通貨の受け取りや送金するための単位となるランダムな文字列です。アドレスの仕組みには公開鍵暗号技術が応用されています。秘密鍵を元にアドレスを作成することで、秘密鍵の所有者・プログラムだけが、該当の通貨を利用できる仕組みです。
アルトコイン
アルトコイン(Alternative Coin)とはビットコイン以外の仮想通貨の総称です。アルトコインは日々開発れており、現在では1,500種類以上存在しています。
暗号通貨
暗号通貨とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする通貨のことです。
暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもあります。
暗号通貨の対義語として法定通貨(日本円、米国ドル等)があげられます。
ウェブウォレット
ウォレットにはデスクトップウォレット(PC上のウォレット)、モバイルウォレット(スマートフォン上のウォレット)、ペーパーウォレット(紙に印刷したもの)、ハードウェアウォレット(専用端末)等の様々な形式があります。
WebウォレットはWeb上で簡単に開設・設定ができ、アクセスも容易にできるウォレットですが、セキュリティ面はサイト管理者に一任されることが多いため、信用できるサイトを選ぶことが重要となります。
ウォレット
仮想通貨のアドレスと秘密鍵を格納するソフトウェアのことです。仮想通貨は電子データであるため、残高を記録する形で保有します。保有するために必要な専用の財布・口座を一般にウォレットといいます。
ウォレットにはデスクトップウォレット(PC上のウォレット)、モバイルウォレット(スマートフォン上のウォレット)、ウェブウォレット(Web上のウォレット)、ペーパーウォレット(紙に印刷したもの)、ハードウェアウォレット(専用端末)等の様々な形式があります。
仮想通貨
仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨には特定の国家による価値の保証を持たない通貨、暗号化されたデジタル通貨、などの特徴があります。
コールド・ウォレット
コールド・ウォレットは高いレベルのセキュリティを持つ仮想通貨の保管方法の一つです。
仮想通貨ウォレットをネットワークから切り離して安全なところに保管することで、セキュリティの脆弱性から仮想通貨の価値記録を守る仕組みです。逆にネットワークにつながっているものはホット・ウォレットと呼ばれています。コールド・ストレージよりもセキュリティ面で低下しますが、送金や決済をすぐに行うことができ利便性が高いものとなります。
コンセンサス(合意)
分散システムでは、参加者全員が1つの値に対し意見が一致し、その結果が覆らないと確定することをコンセンサスと表現します。ブロックチェーンではこのコンセンサスの定義を緩め、ブロック高が大きくなるほど結果が覆る確率が減少する、確率的合意の概念を導入することで、管理者不在の分散システムを実現しています。
署名
署名とは、ある取引においてその記録が本人によって行われたことを確認する仕組みで、ブロックチェーンへの署名は、秘密鍵を持つ者だけが行うことができます。全てのトランザクションには有効な署名が必要となります。
スケーラビリティ問題
ビットコインにおいて、ブロックチェーンの「ブロック」には取引の記録が書き込まれ、約10分ごとに新しいブロックが生成されていきます。「ブロック」に書き込めるサイズの上限は1MBと決まっています。ブロックサイズが上限に達してしまい、ブロックに入らない取引の件数が多くなると、送金に時間がかかる、送金要求が承認されない、取引手数料が高騰する、といった問題が発生します。
スマートコントラクト
スマートコントラクトとは、IT技術を用いて自動化された契約行為を指します。例えば、電子マネーの残高が一定額以下になると、クレジットカードから自動的にチャージされる契約も、スマートコントラクトの一種です。
トランザクション(取引)
仮想通貨をあるアドレスから他のアドレスに送ることをいいます。ビットコインでは価値の移転を表した署名されたデータ構造となっており、TxIn(支払元)とTxOut(支払先)などが記載されます。また、すべてのTxInは秘密鍵によって署名する必要があります。
ノード
仮想通貨ネットワークに接続されているコンピュータのことです。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録されます。
フィアット(フィアット通貨)
暗号通貨や仮想通貨に対して、それまで通貨と呼ばれていた日本円や米ドルなどをさす言葉として、フィアット(フィアット通貨)の呼称が一般化しつつあります。日本語で法定通貨と呼ばれることもあります。
ブロック
ブロックとは取引情報をまとめたトランザクションのことです。ビットコインでは1ブロックあたりの最大データサイズは1MBとなっており、10分ごとに1ブロックずつ積みあがっていく仕組みとなっています。
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは、検証されたブロックの連なりのことをいいます。
ビットコインの取引データはブロックチェーンの技術が使われ、過去の全取引データはすべてのユーザー間で共有されます。
プルーフ・オブ・ワーク(proof of work)
各取引を認証するために算出しなければならないデータまたはそのようなシステムのことです。ビットコインをはじめとするほとんどの暗号通貨では、プルーフ・オブ・ワークを計算する手段としてハッシュ関数が用いられています。
プルーフ・オブ・ステーク(proof of stake)
プルーフ・オブ・ワークの代替システムにあたるものであり、アルトコインの一つであるピアコイン(Peercoin)で初めて導入されました。訳すならば「資産保有による証明」。プルーフ・オブ・ワークが計算量によりコインのセキュリティを保護しているのに対して、プルーフ・オブ・ステークは資産保有量がセキュリティ保護の役割を果たしています。
ペーパーウォレット
アドレスと秘密鍵を印刷し紙で保管する方法です。ペーパーウォレットはオフラインで使用するため、セキュリティ面で安全な管理方法だといわれています。
しかし、ペーパーウォレットを火事等で焼失した場合永久に仮想通貨を失うリスクもあるため、保管場所には注意が必要です。
ホワイトペーパー
ホワイトペーパーとは日本語で「白書」を意味し、仮想通貨においてはその仮想通貨の企画や構想、そして技術的な内容を説明する公開文書となります。
マイニングプール
マイニングプールは複数の採掘者(マイナー)が集まり協力して仮想通貨をマイニング(採掘)するサービスのことをいいます。 一般的に得られた採掘報酬を各採掘者(マイナー)の貢献度に応じて分配する仕組みがとられています。
0承認
0承認(ゼロコンファメーション)とは取引がまだどのブロックにも含まれず、未承認状態であることをいいます。二重支払いの可能性があるため、取引の際には承認を得るまで待つことが重要です。ビットコインの場合一般的に6段階承認までいくと安全な状態といわれています。
51%攻撃
51%攻撃とは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)が支配されることで、仮想通貨の保有・移転管理台帳記録者のネットワークが前提としている承認が正常に機能しなくなることをいいます。その結果、不正な取引が行われる可能性があります。
ASIC
ASICとはApplication Specific Integrated Circuitの略で特定用途向け集積回路を指します。電子部品の種別の1つで、特定の用途向けに複数機能の回路を1つにまとめた集積回路の総称です。
Base58
Base58とはデータを58種類の英数字のみを用いてバイナリデータを表現するエンコード方式のことです。
使用可能な文字は「123456789ABCDEFGHJKLMNPQRSTUVWXYZabcdefghijkmnopqrstuvwxyz」となり、電子メール等で利用されているBase64から数字の0(ゼロ)と大文字のO(オー)、大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)等の区別しづらい文字や、特殊文字である+(プラス)/(スラッシュ)が取り除かれています。
ICO
ICO(アイシーオー)とはInitial Coin Offeringの略で、日本語では「新規仮想通貨公開」と訳されます。
P2P(Peer-to-peer)
ネットワーク上で「対等」な関係にある端末間でデータをやりとりする通信方式のことです。ビットコインはP2P型の通貨ですが、現行の円・ドル等はクライアント(一般市民)・サーバー(政府、銀行)型の通貨と言えます。
SHA-256 SHA-256はSecure Hash Algorithm 256-bitの略で、ハッシュ関数の一つです。ある任意の長さのデータから256ビットのハッシュ値を得ることができます
SHA-256
SHA-256はNSA(米国家安全保障局)が考案し、2001年にNIST(米国標準技術局)によって連邦情報処理標準の一つ(FIPS 180-4)として標準化された「SHA-2」規格の一部として定義されています。 ビットコインではSHA-256 と RIPEMD-160 が採用されており、ビットコインアドレスや取引情報を示すトランザクションなど様々な場面で利用されています。
Transaction fee
仮想通貨取引そのものにかかる手数料のことで、採掘者(マイナー)へ報酬として支払われます。

ビットコインの仕組みに関する用語

公開鍵
公開鍵とは、公開鍵暗号において秘密鍵と対になる鍵です。特定の人だけが知っている「秘密鍵」と外部に公開している「公開鍵」がペアとなっており、公開鍵は秘密鍵をもとに生成されますが、公開鍵から秘密鍵を知ることはできません。ビットコイン取引においては、コインの所有者が秘密鍵を用いて署名し、第三者はその署名と公開鍵を使ってその取引内容を確認することができます。
公開鍵暗号
公開鍵暗号は1970年代に発明され、計算機および情報セキュリティ分野の数学的基礎となる暗号方式です。特定の人だけが知っている「秘密鍵」と外部に公開している「公開鍵」がペアとなっており、公開鍵は秘密鍵をもとに生成されますが、公開鍵から秘密鍵を知ることはできません。ビットコイン取引においては、コインの所有者が秘密鍵を用いて署名し、第三者はその署名と公開鍵を使ってその取引内容を確認することができます。
採掘(マイニング)
仮想通貨の取引記録は全てブロックチェーンに記録する必要があり、個々の取引を検証しブロックに取り込む行為をマイニングといいます。技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという作業であり、ハードウェアリソースや多くの電気代が必要になります。この作業にリソースを出した見返りとして採掘報酬(マイニング報酬)を得ることができます。
採掘者(マイナー)
採掘者(マイナー)とは、採掘(マイニング)を行う人を示します。現在の採掘の大半は大規模な設備を整えているマイニング・ファームにより行われています。また、採掘者はそのシェア分のブロック生成権を持っており、生成権はプロトコルの変更に対する投票権となるため、プロトコルの変更に影響力を持っています。
採掘報酬
採掘(マイニング)により新たなブロックを生成した採掘者(マイナー)が得られる報酬のこと。ビットコインの採掘報酬は1ブロック毎に50BTCから始まり、210,000ブロック毎に半減し、6,929,999番目のブロックが最後の採掘報酬となります。発行されるビットコインを積算すると約2100万BTCであり、これがビットコインの発行上限となります。6,929,999ブロックの発掘に要する期間は約132年で最後のブロックの発掘は2140年頃です。
承認(confirm)
承認(confirm)とは取引(トランザクション)が新たなブロックに含まれることをいいます。トランザクションがブロックに含められると、承認数は1となります。同じブロックチェーンにおいて、そのブロックにもうひとつのブロックが繋がるとすぐに、トランザクションの承認数は2となります。一般的に6承認になるとトランザクションが覆されない十分な証拠とみなされます。
ソフトフォーク
ソフトフォークとはブロックチェーンの分岐の内、新しい仕様(プロトコル)と従来の仕様(プロトコル)との間で互換性を保ったまま分岐させる方法のことです。仮想通貨の仕様自体が変更されるため、仮想通貨の分裂は起こりますが通常はすぐに収束するため、仮想通貨の永続的な分岐は伴いません。
ハードフォーク
ハードフォークは、ブロックチェーンの分岐の内、従来の仕様(プロトコル)との互換性を保たずに、新しい仕様(プロトコル)を適用する分岐方法のことです。新旧の間で互換性がないため、永続的な分岐が生じる可能性があります。
ハッシュ(ハッシュ値)
ハッシュとはデータの内容を識別するための固定の長さを作るハッシュ関数によって計算された数値のことです。 入力値のわずかな違いでも値は大きく異なり、入力データに変更や改ざんがないかを簡単に確認することができます。また、ハッシュ化されたデータを元のデータに戻すことはほぼ不可能となっています。 ビットコインではSHA-256 と RIPEMD-160の2種類のハッシュ関数が使われています。
半減期
半減期とは、ビットコインの採掘報酬が半減するタイミングのことです。 採掘報酬は1ブロックにつき 50BTC から始まりました。 それから210,000ブロック毎に半減し、6,929,999番目のブロックが最後の採掘報酬になることと決められています。
最初のビットコイン半減期である210,000番目のブロックは2012年11月29日に生成されており、採掘報酬は25BTCに半減しました。
秘密鍵
秘密鍵とは、公開鍵暗号において公開鍵と対になる鍵です。
特定の人だけが知っている「秘密鍵」と外部に公開している「公開鍵」がペアとなっており、公開鍵は秘密鍵をもとに生成されますが、公開鍵から秘密鍵を知ることはできません。
ビットコイン取引においては、コインの所有者が秘密鍵を用いて署名し、第三者はその署名と公開鍵を使ってその取引内容を確認することができます。
ブロードキャスト
ネットワーク用語で、あるデータを不特定多数に同時に送信することです。ビットコインの取引において、取引を行うとまず取引情報がネットワーク上の全ノードにブロードキャストされ、そのノードによって取引が承認されると、承認された取引データ(ブロック)が再びネットワーク上の全ノードに向けてブロードキャストされます。
CPFP
Child Pays For Parentの略で、手数料が少なく承認されにくいトランザクションを承認させるための手法です。報酬を上乗せして支払うことにより、早期の承認を促す仕組です。
Dapps
ここに文章
ECDSA
楕円曲線公開鍵暗号のことで、ビットコインの電子署名に採用されています。
P2SH
P2SHとはPay To Script Hashの略でマルチシグネチャによる送金方法を指します。P2SHは、「3」から始まるマルチシグネチャアドレスとなりセキュリティ面が強化されますが、取引には複数の署名が必要となります。
Segwit
SegwitとはSegregated Witnessの略語で、トランザクションIDの算出対象からトランザクションに対する署名を削除し、トランザクションから独立した署名領域 (Witness) を用いて署名をおこなうことを指します。Segwitに対応することにより 1 ブロックに含められるトランザクションが多くなります。また、署名に特別な細工を施した場合であってもトランザクションIDが変化することがなくなり、トランザクション展性を防止します。