ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

バンドルカードを発行する5つのメリットと登録方法について解説

バンドルカードとは

バンドルカードはVISA加盟店であれば、どこでも支払いができるプリペイドカードになります。
バンドルカードの発行に必要な情報は、ユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号の4つだけで、気軽に作れるプリペイドカードとして大変注目されています。
Web専用のバーチャルカードとリアルの店舗で使用ができるリアルカードの2つから選択ができ、発行・利用も無料でできます。
※プラスチックカードを発行する際は、300円の手数料が発生します。
履歴やチャージ方法を指定する際は、バンドルカードの専用アプリをダウンロードすることで使用可能になり、バーチャルカードもアプリ上で管理することができます。

また、国内では初の「ビットコインチャージ」機能も搭載されており、ビットコインを円建てでチャージすることも可能です。ビットコインを円建てチャージすればすぐにクレジットカードとして使えます。
国内大手取引所のcoincheckと提携しているため、coincheckユーザーは「バンドルカード」を通じて、VISA加盟店でビットコインで支払いができるようになります

以下、対象読者になります
・バンドルカードの特徴や使い方について知りたい方
・日常生活でビットコイン支払いを利用していきたい方
・バンドルカードを発行したいが、発行方法がよく分からない方

バンドルカードをすぐに発行されたい方は下のボタンから登録を始めて下さい。

バンドルカードの登録はこちら

プリペイド、クレジット、デビットの特徴を比較

バンドルカードを発行するメリットになりますが、まずはプリペイドカード、クレジットカード、デビットカードの3種類のカードを比較し、それぞれのポイントをまとめてみました。

項目 プリペイドカード クレジットカード デビットカード
お支払い方法 事前にチャージした残高より減算 その場で銀行口座から引き落とし ご指定の金融機関の口座から引き落とし
お支払い回数 1回払いのみ 1回払いのみ 1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払い
利用可能額 チャージ残高の範囲内 預金口座の残高および利用限度額の範囲内 利用限度額の範囲内
キャッシングなどお借り入れ × ×
海外での現金引き出し × ○
(預金口座からの出金として)
○
(お借り入れとして)
入会審査 なし なし あり

引用:三井住友カード株式会社

こちらの表をご覧頂くと、プリペイドカードを発行するメリットとしてはこのようにまとめられます。
・入会審査なしでカードが発行できる
・利用金額に応じてポイントがたまる(発行会社によって異なる)
・残高の範囲内で即時払い
・事前にチャージするため、前払い式となる(クレジットカードは後払い式)
・借り入れは出来ない

バンドルカードを発行する5つのメリット

では、バンドルカードの場合はどのようなメリットがあるかを5つの項目に分けてまとめました。

1.バンドルカードで支払えば代引き手数料が無料になる

ネットショッピングで商品を購入される際に支払い方法を必ず選択しますが、「代引き」という項目があります。こちらはカード決済が出来ない方に対して、配達員の方に直接現金で払う手数料で300円前後取られてしまいます。
クレジットカードがあれば代引き支払いをせずに済みますが、何らかの理由でクレジットカードが発行出来ない方には、バンドルカードは非常に役立ちます。
バンドルカードの様に事前にカードにチャージしておけば、誰でもクレジットカード払いの様にネットショッピングを楽しむことが出来ます。
今まで代引きで商品を受け取っていた方はこれを機会にバンドルカードを発行し、余計な手数料を支払わないようにお得な買い物をしていきましょう。

2.ビットコインを円建てでチャージできる

通常のプリペイドカードの場合、日本円でチャージをし、チャージした範囲内で決済が出来ます。
バンドルカードの場合は、加えて円建てでビットコインをチャージすることも出来ます。
バンドルカードと大手取引所のcoincheckが提携したことにより、スムーズにチャージをすることができます。
チャージ方法については、バンドルカード公式サイトからご覧下さいませ。

3.チャージ方法、支払い先が多様にある

ビットコイン以外にもチャージ方法が多様にあります。チャージできる方法はこちらになります。

・コンビニ
・クレジットカード
・ドコモのケータイ払い
・ビットコイン
・ネット銀行
・銀行ATM(ペイジー)
・ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

いずれかの手段でチャージしたお金は、カードの有効期限内で支払いに使うことができるため、カード保有の有無に関わらずどなたでも気軽に利用することができます。

また、VISA加盟店であればどこでも支払いが可能になるため、今までクレジットカードを持っておらず、支払いが出来なかった方もバンドルカードを使えば自由に支払いができる様になります。

4.キャッシュレスで買い物をすることができる

バンドルカードがあれば、クレジットカードと同じように現金を使わずにネットショッピングや買い物を楽しむことができます。
事前にチャージをしておく必要がありますが、入会審査がないので申し込み・購入後カードが届いてすぐに利用でき何度もチャージして利用できます。
すぐに浪費してしまう方やご自身の収支管理が苦手な方は、今月はいくらまでと利用上限を設定し、上限額分をバンドルカードにチャージしておけば無駄な出費をせずにカード利用ができます。

5.スマホから簡単に作れる【数分で完了】

バンドルカードを利用する上で発行が簡単にできることもメリットです。
クレジットカードを発行する場合は、入会審査があるため登録から発行まで2週間ほどかかってしまいます。が、バンドルカードの場合は、入会審査なしでユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号の4つだけで発行することができます。
※バーチャルカードの場合は数分で即時発行できますが、リアルカードの場合は手元に届くまでに1週間ほどかかります。

バンドルカードの発行手順

では、バンドルカードの発行手順についてご説明していきます。
まずは、手順説明をお読みの前にスマホをお使いの方はiOS、Andoroidでバンドルカード公式アプリをダウンドードして下さい。

1.アカウントを登録するを選択

アプリを開くと下のような画面になるので、「アカウントを登録」を選択します。

2.ユーザーID、パスワードを入力

ユーザーIDとパスワードを入力し、「次へ」を選択します。

※招待コードは「vpdka3」とご入力下さい。

3.生年月日、性別を登録

生年月日と選択と性別のチェックし、「次へ」を選択します。

4.電話番号を登録

電話番号を入力すると、次のような表示が出るので「OK」を選択します。

5.認証番号をSMSで確認

認証番号の入力画面へ遷移します。

SMSで認証番号が届きますので、確認します。

6.認証番号の登録

送られてきた認証番号を入力し、「認証する」を選択します。

7.内容を確認してアカウントを登録

入力した情報に誤りが無い事を確認し「利用規約に同意します」にチェックをして「登録」を選択します。

7.「バンドルカードを発行する」を選択

8.「発行する」を選択

9.登録完了

下のような完了画面が出てくれば登録完了になります。

バンドルカードに関するまとめ

こちらではバンドルカードを発行する5つのメリットと発行手順について画像付きで説明させて頂きました。
ビットコインを購入されている方にとっては発行するメリットしかないカードだと思います。
通常のプリペイドカードとしてもお使い頂けるので、ビットコインで買い物をされたい方はぜひバンドルカードを発行してみてください。

以下、まとめになります。
・バンドルカードにはバーチャールとリアルがあり、バーチャル版であれば数分で登録完了ができる。
・他のプリペイドカードではできない、ビットコインチャージ機能があり、 coincheckからチャージすることができる。
・前払いのチャージ式で利用できるため、収支管理としても有効的に使うことができる。
・アプリをダウンロードすれば、ユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号の4つだけで発行することができる。

ぜひ日常生活の一部としてバンドルカードをご利用いただければと思います。

バンドルカードの登録はこちら

※招待コードは「vpdka3」とご入力下さい。