Bitcoin Master bitcoin・仮想通貨の基礎や
取引方法に詳しくなれるメディア

ブロックチェーン技術がもたらす未来と事例

はじめに

ブロックチェーン技術によって、ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨が誕生しました。
ブロックチェーンを使うことで、ビットコインに限らずあらゆるデジタル資産についても、個人の所有権を登録したり、売買ができる様になります。
従来の取引のシステムや仕組みのあり方がを変わると言われていますが、実際にブロックチェーン技術が生活に浸透するとどのような変化があるのかを考察してみました。

ブロックチェーン技術|資産の交換が個人間で可能になる

ブロックチェーンの技術は、個人と個人の取引が発生したときに信頼を保証する仕組みそのものであり、現代社会の契約の仕組みを変えるとも言われています。
例えば、消費者がもっている自動車の所有権が、ブロックチェーンによって証明されている、とします。
この自動車がインターネットに接続され、ブロックチェーンを読み取ることができるようになると、この資産(=自動車)は、常に追跡できることになります。

そして、この資産が持つアドレス(=所有権)から別のアドレスへと移行すると、実在する自動車はその状態をブロックチェーンから読み取り、所有者を変更することができます。

従来の基本的な取引の仕方の場合、中間レイヤーが消費者の間に入り、仲介手数料を設けて所有権を譲渡しますが、権利の交換がブロックチェーンによって実現されれば、その必要もなくなります。
消費者の間で権利の譲渡が行えるようになり、仲介業者にマージンを払うことなく、消費者の間で取引が完結ができるようになります。

これは自動車だけでなく、自分が持っている資産すべてに適用できます。これはすべてのものがインターネットに接続されることで実現できます。

ブロックチェーン技術|金融取引の方法が変わる

ブロックチェーンを利用し、アドレス(個人情報、口座情報)の管理が適切に行われれば、すべての取引の可視化が可能になります。
すべてが可視化されるということは、あらゆる機関、個人の取引情報がリアルタイムで誰もが把握できるわけです。

ブロックチェーン技術が大きく発展すれば、世界中との直接相対取引、グロス決済が進展し、中間レイヤーの存在価値が希薄になります。
ここでいう中間レイヤーというのは銀行もその一つになります。

現在、消費者の視点で銀行の大きな役割としては、預金、決済、資産運用があげられます。
仮にブロックチェーン技術を利用した管理会社が、預金や決済ができる役割を担ったとします。

すると、その会社から提供される専用のアプリケーションから自身の資産(仮想通貨)をリアルタイムで確認でき、小規模かつ低額で利便性の高い決済ができるようになるわけです。
わざわざATMに行き、口座振り込みや現金を預ける必要もなくなりますので、ブロックチェーン技術が普及すれば、今後銀行の役割は資産運用に特化することが考えられます。

三菱東京UFJ銀行のように独自で仮想通貨(MUFGコイン)を発行し、他社との差別化を図ろうとする大手銀行も今後増えていくかもしれません。

オススメするビットコイン取引所のご案内

関連記事