ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

1.ビットコイン(bitcoin)とは何か

はじめに

こちらのページではビットコインの概要について説明したページになります。
ビットコインを知ることで、今までの「通貨の概念」を覆す様な、革新的な取引手段や資産形成を知ることが出来ます。
こちらのページからビットコインの魅力を知って頂き、実際にビットコインを購入して使う動機付けになって頂ければ幸いです。

以下、対象読者になります。
・ビットコインそのものもについて知りたい方
・ビットコインの成り立ちや利用方法について知りたい方
・ビットコインできることやどんなメリットがあるか知りたい方
・ビットコインの入手方法について知りたい方

まずはこちらのページをご覧になり、ビットコインの全容についてご理解頂ければ十分です。

ビットコインとは何か

ビットコインは一言でいうと「仮想通貨」と呼ばれるインターネット(仮想)上で発行、取引される通貨になります。
ビットコインは、仲介を必要としないP2P(ピア・ツー・ピア)と呼ばれる決済ネットワークで構成されており、現金や電子マネーと違って中央機関が存在しません。

電子メールのように「アドレス」を使って、個人間で出金や入金、送金を可能にします。
取引の仲介手数料が安く抑えられ、インターネットに接続さえしていれば、世界中のどこでもだれとでもビットコインの取引を行うことができます。
ビットコインにも円とドルの様のように「単位」があり、その単位をBTC(ビーティーシー)と言います。
そんな仮想通貨の中でもビットコインは最も取引されており、年々その価値は上昇しています。

ビットコインでできることを大きく分けると、以下5つの利用用途があります。

1.投資目的でビットコインを売買しながら利益を出す
2.決済手段としてクレジットカードのように支払いができる
3.為替に左右されずに安い手数料で世界中に送金ができる
4.資産運用を目的にビットコインFXや外貨建てで取引することができる
5.寄付目的で世界中からクラウドファンディングができる

ビットコインの生みの親はだれか

ビットコインは、2008年10月にナカモト・サトシ氏によって論文が投稿され、運用が始まりました。

2009年1月にビットコインのソフトウエアがオープンソースで公開され、世界中の誰もがこのソースコードを利用して、自分でオリジナルの仮想通貨をを作ることができるようになりました。

このオープンソースが展開されたことにより700種類以上の仮想通貨が存在し、生みの親であるナカモト・サトシ、本人でさえ仮想通貨をコントロールすることはできません。

2010年2月には、ビットコインの両替ができる取引所が誕生し、同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、自分のウォレット(ビットコイン専用の財布)を持っていれば、ユーザー間でビットコインを送金したり、受け取ったりすることができます。
通常、個人間でお金をやり取りするには、通貨を直接手渡しするか、銀行口座から送金する必要があります。
ビットコインは、インターネット上で通貨を価値として残し、簡単に取引することができます。

ビットコインを支えるシステムとして、ブロックチェーンと呼ばれる公開取引簿があります。この公開取引簿は、今までに処理された全ての取引を含み、ユーザーのコンピューターがそれぞれの取引の有効性を検証できるようになっています。
それぞれの取引の信憑性は、送信アドレスに適応するデジタル署名によって保護されており、すべてのユーザーが、自分のビットコイン専用のアドレス(※銀行でいう口座番号)からビットコインを送ることができます。

さらに、専用のハードウエアの計算を使って、誰もが取引を処理し、このサービスに対する報奨をビットコインで得ることができます。これを採掘(マイニング)と呼びます。

※ブロックチェーンの仕組みを詳しく知りたい方はこちらのページも合わせてご覧下さい。

関連記事のIDを正しく入力してください

ビットコインを使うメリット

1.海外取引で有効な決済手段

ビットコイン専用のウォレットを持っていれば、いつでもどこでも支払いと受け取りが可能です。銀行の営業日や為替の変動による支払いの制限はありません。
ユーザーが自分のビットコインを自由に、好きなタイミングで支払うことができます。

例えば、日本から海外にビットコインを送金したい場合、10分程度で送金することができます。
通貨のように銀行が仲介となり、3営業日以上待たせるようなことはありません。

以上の理由から、企業側で新しい決済手段としてビットコイン決済を導入している国内企業も増えてきています。

2.決済手数料が非常に低い

上記の理由に加えてビットコインでの支払いは非常に安い手数料で取引することができます。
ビットコインが仲介を必要とせず、インターネット上で完結できるためです。
これによりpaypal(ペイパル)やクレジットカードよりも安い手数料で取引することができます。
対企業向けにビットコイン決済を法人向けサービスとして提供している国内の取引所も多数あります。

3.ビジネスを行う上でリスク・敷居が低い

ビットコインの根幹はブロックチェーンと呼ばれる暗号技術が使われています。
既存にあるデータベース上での管理よりもセキュリティが担保されています。
取引の内容はリアルタイムで誰もが確認でき、利用することが可能です。
例えば、誰から誰にビットコインの支払いや取引が行われかは、履歴を見れば誰でも分かるシステムになっています。

不正な支払い取り消しによる損害を防ぎ、ビジネスを始める上で、クレジットカードが使えない市場や、ビジネス参入に敷居が高いに市場にも展開することが可能になります。

全てはビットコインの根幹の技術であるブロックチェーンによって実現されてます。

ビットコインの入手方法

取引所で購入する方法

一番手軽な入手方法は取引所での購入になります。取引所のアカウントを開設し、指定されている口座にお金を振込むことで、ビットコインを購入することができます。

どんな取引所があるか知りたい方はこちらのページも合わせてお読み下さい。

関連記事のIDを正しく入力してください

マイニングで入手する方法

ビットコインは管理者のいないオープンな仕組みであるため、維持管理業務は自由参加の不特定多数によって行われています。そしてこの維持管理業務への報酬として、ビットコインの新規発行、取引手数料の分配が行われています。
なお、現在は数十万~数百万円以上かけて専用の採掘機を構築しないと、利益がでないほどマイニングが難しくなっているため、個人がマイニングで儲けることはほぼ不可能と言われています。

ビットコインとは何かのまとめ

ビットコインの基礎について説明しましたが、今後ビットコインを取引や決済手段、資産として扱うユーザーや企業はより増えていくと言われています。
ビットコインが「第二の通貨」として普及すれば、銀行やクレジットカードの存在価値も希薄していくと思います。

・ビットコインは、P2P(ピア・ツー・ピア)と呼ばれる決済ネットワークで構成されており、現金や電子マネーと違って中央機関が存在しない。
・ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる技術を応用した「仮想通貨」である。
ビットコインを入手するには、取引所を使って入手する必要がある。

ビットコインについて正しい知識を身に付ければ、投資や資産運用にもチャレンジできますので、ビットコインについて覚えていきましょう!

ビットコインの基礎関連ページ

ビットコインの基礎や仮想通貨取引所について学びたい方は引き続き下記ページから理解を深めてみて下さい。

【第2弾】2.ビットコインでできること

【第3弾】3.ビットコインの取引の流れ

【第4弾】4.ビットコイン・仮想通貨取引所の各取引手数料について

【第5弾】5.ビットコイン・仮想通貨取引所の人気ランキング

【第6弾】6.ビットコインを持つメリットを解説