ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

3.ビットコイン取引の流れ

ビットコイン取引を行う上での基礎知識

こちらでは、ビットコインを取引する上で必要な知識について説明しています。
ビットコインで具体的に何ができるかは「2.ビットコインでできること」で説明させて頂きましたが、実際にビットコインを使った取引はどのような仕組みで成り立っているかを図を用いて説明しています。

まずはじめに、ビットコインの取引を行うには下記の手順が一般的になります。

①ビットコイン専用のウォレット(財布)を用意します。

②ビットコインの取引所にアカウント登録します。

③取引所に現金を入金します。(クレジット入金可)
※銀行振込の場合は、着金確認後取引開始になります。

④ビットコインの買い注文(売り注文)を出します。
※ビットコインの取引価格は、取引所毎に異なります。

⑤ビットコイン取引所から自分のウォレット(財布)に送金します
※ビットコイン売却後の日本円を指定の銀行口座に振り込みます。

以上が基本的なビットコイン取引の流れになります。
個人でビットコインを扱う方は必ずビットコインの財布と呼ばれている「ウォレット」とビットコインを購入できる「ビットコイン取引所もしくは販売所」のアカウントを作る必要があります。
国内のサービスであれば無料でアカウントを開設ができ、登録自体も全く難しくありません。
まずは、実際にご自身で取引所を選び、ビットコインの売買をし、取引に慣れる必要がありますので、本サイトを通してより理解を深めて頂ければと思います。

ネットショッピングでの取引の流れ(クレジットカードとの比較)

普段、ネットショッピングで買い物をされている方はクレジットカードで決済される方も多いかと思います。
他には銀行振込やpaypal、キャリア決済、電子マネーなど購入方法は様々です。
では、ビットコインを使ってネットショッピングをした場合どのような取引のフローになるか図を用いて説明させて頂きます。

1.クレジットカードでの支払いの場合

クレジットカードで支払いをする場合、加盟店はクレジットカード会社(VISA,MASTERなど)に手数料を請求します。加盟店が仲介しているため消費者は多くの手数料を請求される場合があります。
クレジットカードも利用方法によっては、加盟店独自のポイントが溜まったり、引き落としが翌月に繰り越されたり、多くのメリットはありますが、結果的に多くの手数料を支払っているケースも多々あります。

2.ビットコインでの支払いの場合

ビットコインで支払いをするフローはクレジットカードとは大きく異なります。消費者は直接取引所に払い、取引所から加盟店へと支払われるフローになります。消費者、加盟店にとってコストを抑えて取引することが可能です。
法人(加盟店、ECサイト)でビジネスを検討されている方は。ビットコインを決済手段の一つとして導入すると多くのメリットがあります。

実際にビットコイン決済を導入している国内の企業では「DMM.com」が2015年に導入し、大きな話題を呼びました。
国内で法人向けに導入している取
引所は「coincheck」と「bitFlyer」が有名です。

ビットコイン決済に興味のある方は公式サイトから詳細をご覧下さい。

海外送金の流れ(通貨との比較)

海外に現金を送金する際、国々の銀行を経由するため多くの仲介手数料が発生し、送金できる時間も営業時間内のため制約が多々あります。
しかし、ビットコインを使って送金すると、手数料を多く取られることもなく、自由な時間に海外へ送金することができます。その理由については図で説明します。

1.通貨で海外送金する場合のフロー

通常、海外へ送金する場合は、銀行を仲介する場合がほとんどです。上図をご覧のとおり、国内の銀行から海外の銀行へ送金をすると仲介手数料が発生し、尚且つ送金が確認する前で時間がかかります。

・送金から受取まで3日~10日ほどかかる
・ATMや銀行窓口の営業時間内でのみ送金可能

2.ビットコインで海外送金する場合のフロー

では、ビットコインで送金する場合ではどうでしょうか。銀行を仲介せずにインターネットを利用して送金されますので、仲介手数料が取られません。また、個人間の取引になるので、少額の送金手数料のみで済みます。
銀行とは違い送金時には窓口もありませんので、好きな時間に送金することも出来ます。
さらにビットコイン専用のATMも増えてきていますので、海外から送られてきたビットコインを現金化することも容易に可能になりました。

・送金から受取まで10分以内
・24時間好きな時間に送金可能

ビットコイン取引の流れのまとめ

ビットコインを使うことで多くのメリットがあることがお分かり頂けたでしょうか?
日本は金融インフラが整っているため、国内間の送金は手数料無料で即日反映されますが、海外の場合国内間でも送金手数料がかかり、反映されるまでに数日かかることはよくあります。
これらを解決する方法としてビットコインを使うことは今では珍しくありません。

今後、ビットコインは使った決済ビジネスや取引は間違いなく増えていくことでしょう。
ビットコインを使った取引やビジネスを始めたい方は、ビットコインの概要をより深めていきましょう。

ビットコインの基礎関連ページ

ビットコインの基礎や仮想通貨取引所について学びたい方は引き続き下記ページから理解を深めてみて下さい。

【第1弾】1.ビットコインとは何か

【第2弾】2.ビットコインでできること

【第4弾】4.ビットコイン・仮想通貨取引所の各取引手数料について

【第5弾】5.ビットコイン・仮想通貨取引所の人気ランキング

【第6弾】6.ビットコインを持つメリットを解説