ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

ICOトークンとは?仮想通貨ICOの買い方から資金調達の方法まで徹底解説

はじめに

こちらでは、ICO(新規仮想通貨公開)について、基本的な概要から具体的な利用方法について解説しています。IPOや仮想通貨との違いや買い方、資金調達の方法まで、ICOについてよくわからない方は本稿を参考にしてみて下さい。
新しい資金調達の方法として注目されているICOを少しでも理解することで、今までにない投資方法や資金の集め方を知れます。
初心者の方でもご理解頂ける内容になっていますので、本稿でICOのメリット、デメリットを知った上で利用してみて下さい。

以下、対象読者になります
・ICOの概要から利用方法を知りたい方
・通常の仮想通貨の投資とは違う投資手法を知りたい方
・ICOを利用したいと思っている方
・ICOでの資金調達の手順を知りたい方

ICOとは

ICO(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨(トークン)を発行・販売し、資金を調達する行為全体のことを指します。
個人や投資家には「コイン」や「トークン」などの仮想通貨を購入してもらい、原則として対価は支払われません。別名「クラウドセール」や「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

下図が表しているチャートは、過去の世界におけるICOによる総資金調達額になリます。2017年から調達が活発に行われていることから、今後ICOというワードが注目されていることも大いに予想されます。

引用元:CoinDesk ICO Tracker

ICOトークンについて

1.そもそもトークンとは

ICOには必ずトークンというものが使われます(発行されます)。トークンとは一言でいうと「電子引換券」のようなもので、事業者はトークンを利用して資金調達ができ、個人はトークンを買うことで利益を得ることが出来ます。
このトークンを購入することで、ビットコインやイーサリアムなどといった仮想通貨と交換できる引換券として使用できます。

2.トークンの種類や特徴

トークンにはさまざまな種類があり、ICOを行う企業ごとにトークンの特徴や役割は変わってきます。
大まかにICOトークンには以下のように分けられます。

2-1.仮想通貨型のトークン

ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と同様のトークン、それ自体に通貨としての機能を期待して、利用してもらうトークンになります。
送金や決済の利便性をより拡張させたトークンが多いです。

2-2.会員優待型のトークン

トークンを一定期間保有することで、トークンの発行元から優待を付与する、といった会員のみに優待が受けられるトークンになります。
株式でいうところの株主優待のように、トークンの所有者に発行企業の商品が安く買えたり、割引や会員特典などの優待を受けることができます。

2-3.配当型トークン

トークンの保有数の割合に応じて収益を受けることができるトークンになります。
株式でいうところの配当のように、トークンの所有者に一定期間の事業利益の一部を分配され、利益を受け取ることができます。

2-4.利用権型トークン

トークン発行者等の提供する商品やサービスの対価として利用可能なトークンになります。
発行者によって扱い方は全く異なりますが、発行体のサービス内での支払いや懸賞金として使われることが多いです。

トークンセール(クラウドセール)とは

トークンセールまたはクラウドセールと呼ばれる、ICOそのもののことを指す別称があります。
一言で言うと、トークン(仮装通貨の引換券)をセールする(売り出す)ことを意味します。
自社で開発したトークンを投資家たちに売り出して資金調達を行うためこのように呼ばれています。
ICOを行う企業がブロックチェーンを使用し、信頼性、およびセキュリティの高いトークンを開発します。
投資家や一般利用者の方々にそれを売り出すのですが、そもそもブロックチェーンは専門性が高く、最近になって使われるようになった比較的新しい技術です。
そのため、ICOを行おうと考えている企業にブロックチェーンの技術を扱える専門家やエンジニアはそう多くはいません。
そこで最近は、このトークンセールスを代わりに行ってくれる「COMSA」などのサービスが出てきており、よりトークンセールスを行うハードルが下がってきています。
このCOMSAでは、事業者、個人利用者の双方にメリットがあるため、昨今大変注目されています。

ただし、トークンセールは資金調達をすることが目的であるため、目的のないトークンセールはほとんどの場合が詐欺です。

ICOとIPOの違いは何か

1.そもそもIPOとは

IPO(Initial Public Offering:新規公開株式)は、企業が資金を集めるために、自社の株を新たに一般の投資家へ売り出すことを言います。
IPOは証券市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。このためには証券会社の協力が必要であり、自社だけですべての資金調達を完結させることはできません。
また、投資家から資金調達を得るためには、事業計画書や直近決算(会社の損益を表した書類)の開示をする必要があります。

しかし、ICOではこうした作業を行う必要が少ないため、資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることができます。

ICOを実施する(トークンを発行する)には、以下の情報をWebサイト上で公表し、人を集める必要があります。

・ICOの開始日及び締切日
・具体的なプロジェクトの概要
・当該プロジェクトとトークンとの関連性及び技術的な説明
・トークンの性質・機能やトークン保有のメリット
・トークンの総発行量、発行されるトークンの割当先
・ICO における最低調達額及び最大調達額
・プロジェクトの開発ロードマップ
・トークンの法的性質やリスクについての説明等

ただし、メリットばかりではなく、ICOは手続きが簡便である反面、投資家側を保護するルールが未整備です。
ICOは非常にリスクの高い取引であるため、投資家や個人利用者は自己責任でICOに参加する必要があります。

2.ICOは「仮想通貨」で、IPOは「株式」で資金を調達する

両方の一番の違いは、「何で資金を調達しているか」ということです。
IPO:自社の株式を東京証券取引所などの取引所に上場した上で、新株を投資家に発行することで資金を調達
ICO:自社でICOトークンを開発し、新規仮想通貨を投資家に発行することで資金を調達
新株を発行すると創業者や既存株主の持ち分は希薄化して、配当が減ったり議決権が減ったりするデメリットがありますが、仮想通貨で資金調達を行う場合は株式持ち分の希薄化は起こりません。

3.ICOは「第三者を介さず」に資金を調達できる

IPOをする場合、証券会社などの第三者機関が必ず必要ですが、ICOではすべて自社で発行することができます。
第三者に報酬(フィー)を支払う必要がないというメリットがある一方、資金調達を成功させるためには社内にトークンの発行方法に詳しい人や開発者を囲う必要があります。
また、発行後にはより多くの投資家に支援してもらう必要があるため、マーケティング活動やPR戦略を入念に練る必要があります。
現在、ICOで資金調達した実例は多くありますが、いずれも資金調達に見合う知名度と話題性、将来性が必用とされます。

ICOに参加する手順(個人、投資家向け)

続いて、ICOに参加したい方へ向けた説明になります。
ここまでICOの基本的な概要をご説明しましたが、実際にICOに参加するにはどうすれば良いのか簡単にまとめてみました。

●ICOに参加するための大まかなフロー
①専用のウォレットを作成する
②取引所で参加するICOに必要な仮想通貨を購入し、トークンを受け取ることのできるウォレットに移しておく
③ICOに関する情報を集め、投資対象を決める
④プレセールに参加し、参加したいICOの送金アドレス宛てに入金する
⑤トークンを受け取る

ICOに参加にするためには、まず投資先の企業が売り出すトークンを購入する必要があります。ここでは、そのトークンの購入方法についてご紹介していきます。

1.ウォレットの作成

仮想通貨を所有している方々には馴染みがありますが、仮想通貨を保有しておくための保管場所として「ウォレット」が必要になります。
ウォレットはコインごとに専用のものがあるので、ビットコインであれば「Bitcoin Core 」、「 MultiBit」、イーサリアムであればMyEtherWalletなどが有名なので、ウォレットを開設されてない方は利用してみましょう。

2.仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)の購入

ウォレットを作成後、次はウォレットに入れるための仮想通貨を購入します。
ICO参加のためには発行されたトークンを購入するための仮想通貨が必要です。
現在主に使用されているのは「ビットコイン」と「イーサリアム」の2つの通貨です。これらの通貨は、「coincheck」、「bitFlyer」、「Zaif」などの取引所で購入できます。

3.ICOに関する情報を集め、投資対象を決める

そもそもICOに参加するためには、発行体である事業者を探す必要があります。
すでにICOに関する情報がまとまったプラットフォームがありますので、そこから情報を確認し、投資対象を決めるだけです。
厳選して、以下のようなWEBサイトから情報収集出来ますので、ご参考ください。

・プレセールされる仮想通貨の情報が入手できる「Crypto Currency Magazine
・プレセール中の仮想通貨の情報が入手できる「ICO COUNTDOWN
・プレセール予定、プレセール中、プレセール終了の仮想通貨の情報が入手できる「BOXIL TOKEN

プレセールのタイミングでその案件の公式サイトにいき、アカウントを作成します。
プレセール時以外にもトークンの購入は可能ですが、初期段階のほうが安価でトークンを購入できる場合が多いので、早く購入した方がリターンが大きいです。

また、ICOの投資対象を決めるときはホワイトペーパーを読むようにしましょう。
ホワイトペーパーとは、その企業が作成した事業計画やロードマップ(行程表)、トークンの分配などが記された資料のことです。
どの仮想通貨で購入代金を支払うべきかはその企業のHPやホワイトペーパーに記載されています。
その上でその企業が運営しているSNSやgithub(開発の進捗状況を知るために必要なツール)、その企業に対しての評価なども調べて、総合的に判断する情報を用意してください。

4.プレセールに参加する

トークンを購入するために専用ウォレットから、参加したいICOのアドレス宛に仮想通貨を送金します。

5.トークンを受け取る

送金して数日後に、専用のウォレットに購入分のトークンが配布されます。
その後、参加したICOのトークンが取引所で上場すると実際に売買を行うことができます。
案件ごとに投資できる仮想通貨の種類や最低投資額が決まっていますが、総じて少額から投資できるのがICOに参加するメリットです。
ただし、事業が失敗するリスクは大いにあるため、購入時との差額で大きな損を生じてしまうこともありますので、十分にリサーチしてから参加されることをオススメします。

ICOで資金調達するための手順(企業向け)

ICOはスタートアップ向けの資金調達になりますが、IPOとは違い第三者の介入がないため、良くも悪くも自社の開発スキルやサービスの利便性、マーケティング能力が必要になります。
IPOと比較するとICOでは、構想段階の状態からビジョンや将来性を提示することで、資金調達できるので、スタートアップには相性がいい資金調達方法になります。
では、実際に資金調達するためにはどのようなステップを踏む必要があるかまとめてみました。

●ICOで資金調達するために準備するもの
・ICOの開始日及び締切日の決定
・具体的なプロジェクトの概要(事業コンセプト、事業詳細等  )
・当該プロジェクトとトークンとの関連性及び技術的な説明
・トークンの性質・機能やトークン保有のメリット
・トークンの総発行量、発行されるトークンの割当先
・ICO における最低調達額及び最大調達額
・プロジェクトの開発ロードマップ
・トークンの法的性質やリスクについての説明等

1.アナウンス

ICOをする企業は、投資家たちに対して、トークンが発行されることをアナウンスする必要があります。
一般的には、企業が独自に発行した仮想通貨(トークン)を、企業のホームペジやSNS上で情報発信していきます。
アナウンスをする際は、ICOのクラウドセールスをまとめたサイトなどに登録しておくと幅広く情報を発信することができます。
また、売り出すだけでなく、参加するメリットやプロジェクトの魅力を投資家に伝える必要もあります。
多くの企業では、ホワイトペーパーを作成し、投資家たちにプロジェクトの目的やその内容に対し、正当性や価値を判断してもらいます。

2.オファー

ICOをする企業は、特定の人物や投資家を対象に、契約条件を規定した「オファー」と呼ばれる内容書を提示します。
このオファーにより投資家は、プロジェクトの全容を理解し、投資額や投資期間などを指定します。ICOはトークン発行に証券市場のような基準が設けられていないため、トークン発行者(ICOをする企業)が詳細な条件を規定して開示します。

3.PR活動、マーケティング

いくら優れたプロジェクトでも伝える相手が少なければ、意味がありません。より多くの投資家たちにプロジェクトを広める必要があります。
スタートアップのほとんどは知名度がないため、ICOを成功させるには「PR活動やマーケティング」が重要になります。

4.トークンセール(トークンを販売)開始

オファー期間に設定した最低限の額に達するように、独自に発行した仮想通貨(トークン)のリリースを行い投資家に分配します。
また、ブロックチェーンを使ったトークンの販売方法は、以下の2つが考えられます。
・オファーで開示した最低金額を獲得した段階でトークンをリリースし、当該投資家に分配する方法
・それぞれの仮想(暗号)通貨取引所でトークンを個別販売する方法
※仮想通貨取引所でトークンを販売する場合には、その取引所で上場することがほとんどです。

●あのZaifもICO?!
仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、2017年10月2日よりトークンセールを実施しており、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートする「COMSA」をスタートしています。
ホワイトペーパーの情報によると、COMSA自体のシステム開発、それに対応するための既存サービスの拡張、およびそれらに関するサービス運営の資金を調達する予定、ということも記載されています。

この様にすでにある他社のホワイトペーパーを参考に、自社で資金調達するにはどのようにすれば良いかを参考にするのもありだと思います。

しかし、トークンが流通しないリスクも考える必要があります。トークンが実際に事業で使用されていても、トークンそのものが利用者に流通しない可能性もあります。
その場合、トークンの価格は上がらず低い値段で推移し続け、それが原因でさらに投資家がトークンに流通しないというう良くない流れが起きます。
トークンセールを行う前に入念に事業計画やリリース後のPR活動を考えることが必要です。

ICOのまとめ

本稿では、ICOに関する基本的な説明や参加方法、資金調達の実例などを紹介させて頂きました。
ICOは参加者側、投資側の双方にとって魅力な投資手法であると同時にリスクも伴います。
今後ICOが普及されることで、既存の証券取引所や証券会社を介さずに世界中で資金調達できる環境ができます。
ICOは世界中で注目れされているワードなので、これを機にICOヘ参加してみてください。