ビットコインの積立投資を始めるなら「Zaif」

仮想通貨・リップルの特徴と購入できる取引所について紹介

※追記:2017年10月

リップル(XRP)とは何か

リップルは厳密には仮想通貨ではなく、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発がすすめられている、金融商品の決済・システムのことです。
ビットコインとは違い、ブロックチェーンを用いず、 リップル社が独自開発するコンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)を使用しており、高速なトランザクションを実現しています。
簡単に言うと、金融商品間の取引に仲介通貨を導入して、決済をスムーズに処理するシステムといったものです。

例えば、日本からアメリカへ送金がおこなわれる場合、日本円から米ドルに換金して決済する必要があります。
この換金する作業は銀行などの金融機関が仲介に入り、決済処理を行っています。
円や米ドルなど有名な通貨であればすぐに換金することができますが、マイナーな通貨の場合手間や時間がかかります。
全通貨に言えることですが、国際間の換金は為替に影響されたり、送金する際の手数料が物凄くかかります。

そういった手間や処理を簡略化するために仲介通貨を使うことでよりスムーズに換金や送金の問題が解決されます。

この仲介通貨として使われているのが、リップル(XRP)という仮想通貨になります。
本稿では、このリップルの基本的な特徴と国内で取引可能な取引所についてご紹介させていただきます。

以下、対象読者になります。
・リップルについてよく分からず、特徴について知りたい方
・リップルには興味あるが、実際にどこで購入できるか分からない方
・リップルを購入して売買やトレードをしてみようと検討されている方

リップル(XRP)の時価総額

リップルは、世界規模の取引所でも積極的に取引されていおり、全仮想通貨の時価総額ランキングで堂々の第3位になります。(2017年10月時点)
ビットコイン、イーサリアムの次に価値があるため、それだけ世界中から注目を集めている仮想通貨ということになります。

出典:Cryptocurrency Market Capitalizations

では、実際にリップルの価値がどれだけ上昇したかを国内取引所の「coincheck」のチャートを参考に解説します。

出典:coincheck

こちらのチャートを見て頂くと、2016年10月~2017年10月の1年間にどれだけリップルが値動きをしたかを表しています。2017年5月頃を皮切りに急激に値上がりをしていることが分かります。つまり、それだけ需要が生まれ、リップルを欲しいと思っている利用者が増えたことが分かります。

画像左側に1XRPを日本円換算した安値と高値が表示されています。これから読み取れる情報は、リップルのボラティリティ(価格の変動率)になります。

極端な例ではありますが、仮に0.6269円=1XRPの時に、1,000円分の1595XRPを購入したとします。
所有したまま最も値上がりするまで売却を待ち、44.8446円=1XRPのタイミングで全て売却したとします。
売却時のボラティリティは、44.8446円/0.6269円となるため、約71.5倍の投資リターンがあることが分かります。つまり、利益としては以下の様な計算になります。

純利益 = 71.5×1,000(円)-10(円) = 71,490 となります。

上記の例はあくまで参考程度に抑えて頂ければ十分ですが、これだけ投資価値が高い仮想通貨は中々ありませんので、リップルへの投資はオススメできます。

リップルの特徴、メリットについて

さて、リップルの相場や投資価値がお分かり頂けたかと思います。
では、なぜここまでリップルが世界中から注目され、期待されているかについてご説明させて頂きます。

●ビットコインとは異なる仕組みで出来ている
Bitcoinとは違い、特定の承認者(Ripple社)によってネットワークが管理される事で、即時性のある決済システムが成り立ちます。

ブロックチェーンの様にコンピューターの計算による取引の承認ではなく、Ripple社が承認することで仕組みが成り立きます。

この仕組みにより、決済にかかる時間が1取引あたり10分ほど要するビットコインに対して、平均4秒ほどで決済が完了します。
ブッリジ通貨

XRP はブリッジ通貨としてRippleプロトコルを利用した両替と送金を媒介します。この仕組みを実現するために、リップルはオートブリッジという機能を提供します。
例えば1JPY=1XRPと0.01USD=1XRPの注文が同時に出された場合、瞬時に1JPY=0.01USDの取引を可能にします。
これが実現できることで、円からドルに換算する際の余分な手数料を払わずに済みます。特定の法廷通貨に依存せずに資金移動が完結できます。

IOU取引
ネットワークのセキュリティに重要な役割を果たしているリップルに組み込まれた通貨として、円やドルなどの世界中の主要通貨と交換することができます。

それは「IOU取引」ができるためです。

IOUとは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略で、ゲートウェイ(顧客から通貨の預金を引き受け、代わりにRippleネットワークの残高を発行する場所)が顧客から引き受けた預金に対して発行する借用証書です。
ゲートウェイから顧客に発行されるIOUの残高は、基本的に顧客から引き受けた預金の残高に基づき、リップルのユーザー同士であれば、ゲートウェイから発行されたIOUで支払いを行うことができます

引用元:coincheck よくある質問|よくわかるrippleのIOU取引

このようにリップル経由でお金のやり取りが発生した場合、通常の通貨より低コストかつ手間なくやり取りすることが可能です。

具体的なIOUを使ったやり取りはこのようになります。

Aさん、Bさん、Cさんがいます。
Aさんは、Bさんに1万円借りています。
Bさんは、Cさんから1万円の商品を購入しました。

そこでBさんは、「代金の1万円はAさんから貰ってくれ」とCさんに伝え、
BさんはCさんに1万円を支払うのではなく、AさんのIOU(借用証明書)で決済をしました。
これがIOUを使った取引です。

Aさん、Bさん、Cさんの間では、1万円を上限とした通貨圏が成立し、
この通貨圏が「リップルネットワーク」に当たります。

では、このリップルネットワークはどのように拡大するのか。

先ほどのAさん、Bさん、Cさんの取引に、海外に住むDさんが加わったとします。
DさんはCさんとは友達ですが、Aさん、Bさんのことは知りません。

DさんがAさんから1万円の商品を購入します。
しかし、Dさんは海外に住んでいるので、支払いにコストがかかってしまいます。

CさんとAさんが友人であることを知ったDさんは、
「CさんからAさんに1万円を支払ってくれ」と頼みます。
CさんはAさんに1万円分のIOUを発行し、Dさんから1万円分のIOUを受け取ります。
Cさんが仲介となり、Dさんのリップルネットワークへの参加が完了です。

引用元:coincheck よくある質問|よくわかるrippleのIOU取引

このリップルネットワークが広がることで、海外ユーザーとの取引もスムーズに行えるようになります。

国内の取引所でリップルを購入する方法

リップル円(XRP/JPY)を購入できるオススメの取引所は以下の4つです。
各取引所の入金・出金手数料と登録時のキャンペーンも合わせてご覧下さい。

取引所 入金・出金手数料 キャンペーン
bitbank.cc 日本円入金0円
出金400円
特になし
coincheck ・入金:全銘柄無料
・出金
日本円:540円/756円(3万円以上)
BTC:0.001 BTC
XRP:0.15XRP
特になし
Mr.Ripple 108円(税込)+銀行振込手数料+トランザクション手数料0.2% 会員登録だけで100XRPプレゼント
30,000円以上の入金で677XRPプレゼント
東京JPY発行所 入金・出金額の0.498%
※出金時は振込手数料がかかる
会員登録だけで40XRPプレゼント
10,000円以上の入金で25XRPプレゼント

特に購入をオススメする取引所のご紹介

●coincheckで購入するメリット

coincehckはリップル以外にも主要な仮想通貨を使って取引することが出来ます。登録時のキャンペーンは行っていませんが、ビットコインやイーサリアム、ネムなど他の仮想通貨も取引されたい方はオススメします。
取り扱い仮想通貨の種類の多さは、国内取引所でNo.1になります。

また、アプリもありますので、PC,スマホからスムーズに取引を行いたい方はぜひcoincheckを登録してみて下さい。

●bitbank.ccで購入するメリット

bitbank.ccはアルトコインのトレードに特化した取引所になります。60種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が行えるため、ビットコインの取引に慣れている上級者にとっては、オススメの取引所になります。
リップルを使ってトレードを検討されている方はbitnbank.ccで取引を始めてみて下さい。
また、同じ系列サービスである「bitbank Trade」はビットコインのトレードに特化しているため、そちらも併せてチェックしてみて下さい。
※bitbank.ccもしくはbitnbank Tradeのアカウントをどちらか開設頂ければもう片方も取引可能になります。

まとめ

リップルの特徴と購入ができる取引所についてご紹介させて頂きました。
仮想通貨の中で特に人気のある仮想通貨になりますので、知っておくだけで多くのメリットがあります。
以下、まとめになります。
・全仮想通貨の中で時価総額ランキング第3位のアルトコイン
・ビットコインとは違いブロックチェーンは使わず、Rippleと言うアメリカの会社が開発・管理を行なっている
・2017年の間に最大で71.5倍も価値が上昇した。(円換算)

以下、リップルが購入できるオススメの国内取引所になります。これを機会にぜひ購入してみて下さい。

【国内最大級】12種類の仮想通貨で取引するなら「coincheck」がオススメ 【レバレッジ最大20倍】ビットコインFXを始めるなら「bitbank」がオススメ
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ビットコインFXはビットバンク。